Profile

Profile

 

松本俊明


Toshiaki MATSUMOTO

作曲家/ピアニスト/サウンド・プロデューサー

松本俊明

現在、日本のみならず世界の音楽業界でも注目を集める作曲家・ピアニスト。国内外を問わず、幅広いジャンルのアーティストに数多くの作品を提供。その洗練された力強いメロディは高い評価を受けている。クラシックをベースに持ちながらそのポップ感覚溢れる幅広い音楽性から生まれる、洋楽と邦楽の絶妙なエッセンスバランスを活かした旋律は、優しく、温かく、哀愁漂い、渇いた心を潤してくれる。

作曲家として、MISIAとのコラボレーションが注目を集め、「忘れない日々」、「Everything」、「果てなく続くストーリー」がいずれも大ヒットを記録。その中でもドラマ主題歌に起用された「Everything」は200万枚を超え、この楽曲により松本は2002年JASRAC(日本音楽著作権協会)賞・金賞を受賞。その後も、AIの「One」やCrystal Kay×CHEMISTRYの「Two As One」をはじめ大山百合香「光あるもの」(NHK–BSの超人気番組“関口知宏の中国鉄道大紀行”のテーマ曲)、松下奈緒「Moonshine~月のあかり~」 (アニメーション映画“ピアノの森”の主題歌)が高い評価を受けている。2010年JUJUの「この夜を止めてよ」は、着うたフルチャートで1位を獲得。その年の”最も泣ける歌”として話題を呼ぶ。その後も、ジャンルにとらわれることなくAKB48「涙のシーソーゲーム」や有名K-POPアーティストにも作品を提供している。

また、2008年には自らのロンドンでの実体験をもとに描かれた初の執筆本『hope』(ポプラ社)を出版し、執筆家としても活動の範囲を広げている。オンエアされるや視聴者からの好評の声を受け当初の放送期間を延長し、異例の8ヶ月連続放送となったNHKみんなのうた「グラスホッパー物語」(2005)の原案もこの中に収蔵され、好評を博す。2001年アーティストとして初作品となるインストゥルメンタル・アルバム「eau」を「TOMA」 名義でリリース。UKのハウス系リミキサー、マット・ダレイやTOMOKI HIRATAによるリミックスも話題となった。2004年には「Pianoia I」をリリース。収録曲の「月の庭」は、韓国のスーパースター、イム・ヒョンジュ、台湾のジェフ・チャンが次々とカバーし、アジア圏での注目を集める事となる。2006年には「Pinoia II」、2009年には3部作完結編となる「Pianoia」をリリース。ピアニストとしても単独コンサート「松本俊明Pianoia2009」「Toshiaki MATSUMOTO, Piano Solo The ComposerVol.1」を成功させている。2011年NHKみんなのうた「エレファン」(作詞・作曲・プロデュース)は放送開始から大きな反響とともに話題となっている。2013年NHK特集ドラマ「ラジオ」の音楽とピアノ演奏を担当、同作品は2013年度の文化庁芸術祭大賞を受賞。
2014年12月よりプリシラ・アーンが歌うNHKみんなのうた「見えない羽根」(作詞・作曲)が放送される。この「見えない羽根」は、子どもたちにどんな時でも希望を持って強く生きて欲しいという思いから、現在、全国各地の幼稚園・小中高等学校で、「見えない羽根」を自らのピアノ伴奏による「合唱」で歌いつないでいく活動を行っている。
2014年12月3日にはユニバーサルミュージック移籍第1弾となるアルバム『DEJAVU~いつかどこかで~』を2017年3月3日には絵本作家いりやまさとしさんとの共作「バクくんのゆめのたね」(CD付き絵本)をリリース。