-->
僕が日々見て感じた事、普段目にした風景で感じた事等を曲にして紹介していきます!!それぞれの場所で感じた空気が皆さんに届くことを信じて・・・

 未来の子供たち
更新日:2016年9月更新



こんにちは、皆さんは今年の夏休みはいかがされましたか?
僕は今年の夏休みは、カンボジアへ出かけてきました。
そのとき訪れた悲劇の舞台「キリングフィールド」。
映画などでも描かれていてご存知の方も多いと思いますが、30年ほど前、ポル・ポト政権下のカンボジアで、300万人もの大量虐殺が行われた刑場跡の俗称で今は慰霊塔が立てられています。
同じ地球上のそれも同じアジアの地で、つい30数年前に起こった信じられない悲劇。
その時に出会った少年のまなざしに、この少年がこの先見るものはどうか平和な世界であってほしいと願うばかりでした。

 都会の静寂
更新日:2016年8月更新


夜のミッドタウンガーデン。
煌々と光るビルのライトに照らされほとんど人がいない空間は、都会のエアポケットのよう。
六本木から少し離れた夜の公園は、喧騒がすべて止まったかのような空間が広がります。
仕事をしたり、カフェでくつろいだり、仲間と食事をしたり、光の内側にある賑やかな人の営み、それと同居する外側の孤独を感じる空間。
今回は光の外側で感じた"静"を表現してみました。
 潮騒
更新日:2016年7月更新


先日、大好きなお友達がやっている辻堂のカフェで、ライブがあるとのお誘いをいただき、久々に湘南方面に出かけました。
気持ちいい音楽に触れたら、ふと海が見たくなり帰りに少し足をのばしてみました。
湘南の海は大好きな場所で空気も人も優しく、心がどんどん柔らかくなるのが解ります。


 都会のオアシス
更新日:2016年7月更新


東京赤坂・ミッドタウンに併設されたミッドタウンガーデン。
クリスマスシーズンにはイルミネーションに彩られ多くの観光客が訪れる公園も、梅雨の合間の昼時はひっそり
多くのビルに囲まれ、その中で一生懸命に働く人々。ビルの中で繰り広げられる喧騒と対照的に、緑に彩られた空間は爽やかな風に木々がなびいています。
仕事の合間にふと外を眺めたとき、窓の外に広がる緑のオアシスに心が洗われていく、そんな心地よさをメロディにしてみました。
皆さんにとって心のオアシスはどこですか?
 紫陽花
更新日:2016年6月更新


紫陽花の花の色は土壌の酸性度によって変わり、酸性土壌では青みが強く、アルカリ性土壌では紅色が強くなるそうです。
昔は、この「色が変わる」ことが心の変節と結び付けられ、道徳的ではないとされ、近世まではそんなに注目されなかった花で、今でも女性への贈物にはふさわしくないとされているそうですね。
そんな「あじさい」ですが、水気をよく吸うので病人は寝室の上に吊るすとよいとも言われています。
欝々とした天気が続く梅雨空のこの時期。鮮やかな色彩を帯び、欝々とした気分を吸い取ってくれるようなあじさいの花で心を澄まされました。
今回はそんな気持ちを曲にしてみました。
 神宮外苑の銀杏並木
更新日:2016年6月更新


今日のお昼にこの近くで打ち合わせがあり、帰り道立ち寄ってみました。
秋になれば多くの人でにぎわうこの並木道も今はひっそり・・・
すぐ隣を走る国道246号線の喧騒と対照的に新緑のトンネルの下は静かな時が流れています。
この場所で感じた空気を曲にしてみました。皆さんに届くことを信じて・・・


Home profile schedule musicsketch discographye mediae work composer Info
-->